What Is Permanent Establishment Risk

PE(恒久的施設)リスクとは何か、それを回避する方法とは?

外国でビジネスを行う場合、PE(Permanent Establishment、恒久的施設)リスクを伴うことがあります。恒久的施設とは何か、そして二重課税からビジネスを守るにはどうすればよいのか、記事をご覧ください。

Yuki Iwamoto
Written by Yuki Iwamoto
7月 14, 2022
Contents
Need help onboarding international talent?
Try Deel

販売、オフィス設立、人材採用、生産拠点設立など、グローバルな事業展開に目を向ける企業が増えています。

グローバルな事業展開の機会は、企業にとって多くの利益をもたらしますが、あらゆる規模の企業に潜在するリスクも念頭に置くことが重要です。

そのようなリスクのひとつとして、最近税務当局が注目するようになったのが、PEとも呼ばれる恒久的施設(Permanent Establishment)の概念です。2016年6月に「税源浸食と利益移転に関する包括的枠組み(BEPS)」が立ち上がり、この問題だけに集中的に取り組んでいます。

各国政府は、自国内で活動する外国企業に自国の法人税法を適用することを目指しているため、外国で事業活動を行う企業は、恒久的施設のリスクを十分に理解し、それを軽減する方法を身につけることが重要です。

この記事では、恒久的施設について知っておくべきこと、そしてリスクを軽減する方法について説明します。

恒久的施設(PE)の定義:恒久的施設とは何か?

恒久的施設(Permanent Establishment)とは、税務上の概念で、あるビジネスが外国で安定的、継続的、かつ課税対象として存在すると税務当局が判断する場合を指します。この用語は、ホスト国とビジネスの発祥国との間の二国間所得税条約に基づいて定義されることもあります。

経済協力開発機構(OECD)の指針であるOECDモデル租税条約によると、恒久的施設はいくつかの要素を備えています。それは、"固定 "され、特定の "場所 "で行われ、"事業 "を目的とすることです。

OECDは、恒久的施設の適用を定義する主要な多国籍機関です。しかし、どの国も、事業活動が散発的または短期的であることを止め、PEとそれに続く二重課税を促す水準に達する時期を特定するための手段を有しています。

多くの国で使用されている恒久的施設の伝統的な基準は以下の通りです:

  • 固定された事業所、住所、銀行口座、またはその他の物理的な存在
  • 受入国での従業員による直接収益を生む活動
  • 現地の法令や租税条約に基づきPEを有効にするための十分な時間的余裕があること
  • 親会社による従業員の活動の指揮・管理

企業が恒久的施設を持つとみなされた場合、その税負担は大きく増加します。その国の中で得た収益は、国内の税法(特に付加価値税ですが、それだけではありません)と恒久的施設とみなされた期間に基づいて、適宜課税される必要があります。

すべての事業活動が収益を生み出すわけではないため、外国で行われるすべての事業活動がこのPEリスクを引き起こすわけではないことに注意することが重要です。例えば、販売先との早期交渉や、展示会への参加や関連情報の収集による市場テストなどの事前行動が挙げられます。

恒久的施設の種類

恒久的施設には、企業が注意すべき複数の種類があります。以下、それぞれについて詳しく説明します。

固定された事業所

歴史的に、固定された事業所を持つことは、恒久的施設であることの最も一般的な判断材料です。

固定された事業所とは、以下のようなものを指します:

  • オフィス
  • 支店
  • 工場
  • 作業場
  • 鉱山
  • ガス井、油井

つまり、企業が外国で事業を行う際に利用する施設のことです。

建設またはプロジェクト恒久的施設

多くの条約で、建設現場に関する正確な規則が定められています。これらの条約では、建築現場や建設・設置プロジェクトは、特定の期間以上継続する場合にのみPEとみなされます。この期間は条約によって異なります。

代理店による恒久的施設

独立した代理人とはみなされない従業員が販売代理店として働き、会社の名前で契約を完了させる能力を有している場合も、恒久的施設の対象となる場合があります。ただし、その権限が単発的ではなく、日常的に行使されていることが条件となります。また、契約の議論、起草、締結の大部分が外国で行われている必要があります。

サービス業の恒久的施設

企業やその従業員が、外国で他の企業や個人に継続的なサービス(例えば、技術的、経営的、コンサルタント的サービス)を提供している場合、これも恒久的施設を誘発する可能性があります。サービス業の恒久的施設は他のタイプの恒久的施設とは異なり、ビジネスの種類が固定されていない可能性があります。そのため、サービスの期間や頻度など、恒久的施設の他の要素も考慮されます。

ローカライズされた契約書でコンプライアンスを維持

数秒で契約を作成。チームがどこに住んでいても、現地の労働法を遵守することができます。
相談する
世界的なパンデミックは、PEリスクやグローバルモビリティにどのような影響を及ぼしているか?

世界各国の多くの税務署は、Covid-19による渡航禁止や労働者の移動による恒久的施設の発覚の免除に同意しています。

OECDは、勤務国に通勤できない国境を越えた労働者のようなシナリオを挙げています。そのため、彼らは自国から仕事を請け負わなければならない一時的なリモートワーカーとなっています。このような場合、意図せずして、課税の主体が勤務国から母国へと移行してしまう可能性があります。

OECD は、一部の協定には、母国から勤務する日数を認めながらも、勤務国に第一次課税権を与えるような条件があることを指摘しています。

恒久的施設が適切に管理されない場合のリスクとは?

PEリスクが企業によって効果的に管理されていない場合、企業は多くの脅威と結果に直面することになります。これらには以下のようなものがあります:

  • 罰金や利子
  • 潜在的な規制問題
  • 給与計算や社会保険などの雇用主への報告義務
  • 税務当局による監査の強化により、企業の貴重な時間とリソースが奪われる
  • 法人税の負担
  • 従業員の入国管理に関する問題
  • 適切な付加価値税(VAT)登録が行われていない場合、その地域での予期せぬ税金負担の可能性
  • 企業イメージの低下

どのようにすれば貴社のビジネスをPEリスクから守ることができるのか?

ありがたいことに、グローバル採用やグローバル展開の目標を達成しつつ、御社のビジネスのPEリスクを最小化するために講じることができる措置が数多くあります。

現地の税務専門家と連携する

外国で事業を行う場合、その国に精通した税理士に早くアドバイスを求めることができれば、それに越したことはありません。なぜなら、早期に適切な税務アドバイスを受けることで、永住権や外国人納税者としての地位に関して発生しうるあらゆる問題を予測することが可能になるからです。例えば、現地の税率、納税計画、法的措置のリスク回避など、様々な見識を得ることができます。

また、扶養代理人は、従業員や現地のビジネスパートナーとのサービス契約の見直し、現地の税負担に関するアドバイス、PEリスクに関連した重大な税負担から会社を守るための支援も行うことができます。

現地法人を設立する

また、事業展開する国に海外子会社を設立することも検討できます。この場合、海外子会社として現地の税務当局に準拠することになるため、貴社にとって税務上のメリットがあり、PEリスクを排除することができます。

  • 親会社から独立した運営を行う
  • 独自の資産と負債に責任を持つ
  • 課税や規制の観点から独立した法人とみなされる

しかし、現地法人の設立を検討する際に注意しなければならないのは、非常にコストと時間のかかる作業であるということです。

グローバルな従業員の代替雇用サービス(Employer of Record, EOR)との協働

外国で法人を設立する費用は非常に高額であるため、多くの企業がグローバルな従業員の代替雇用サービス(または国際PEO、international professional employer organizationと呼ばれる会社との提携も検討しています。このような会社は、外国人労働者のための公式かつ法的な雇用主としての役割を果たし、すべての現地の税規則に従ってすべての雇用者税と被雇用者税を提出する責任を負います。

Deelがお手伝いできること

もしあなたが、海外のコントラクター(業務委託者)や従業員を管理し、グローバルな給与計算やコンプライアンスに対応するための信頼できるパートナーをお探しなら、ぜひこちらからDeelにお気軽にご相談ください。現地のコンプライアンスに準拠した契約書を数秒で作成し、グローバルチームに彼らが希望する通貨と方法で給与を支払い、チームがどこにいてもコンプライアンスを維持することができます。

Deelはリモートチームやグローバルチームの成長を容易にします。始める準備はできましたか?

+

国で

+

顧客

+

法律専門家

+

通貨